DENTAL CLINIC & LABORATORY

全身の健康管理の一歩は、お口の健康から。

グリーンデンタル夫馬

なぜ口呼吸はダメなのか?

口呼吸をすると見た目(顔貌)はもちろん、体調にも影響を与えます。

見た目への影響

・お口がぽかんと開いている
・二重顎、顎にたるみができる
・前歯が着色しやすくなる
・口元が乾燥しやすくなる
・猫背など、姿勢が悪くなる

体調への影響

・慢性鼻炎やアレルギーになりやすい
・風邪をひきやすい
・寝ている時にいびきをかきやすい

悪い呼吸口呼吸が原因かもしれないこれらの悩みは、鼻呼吸にすることで改善されるかもしれません!

本来動物という生き物は鼻でしか呼吸しません。なぜなら、鼻にはフィルターと加湿の役目があり、空気中のほこりやウイルスなどを身体に侵入させることを防ぎ、空気を暖かく湿らせて気管支や肺へ最適な状態で空気を送ることが出来る、素晴らしい臓器の役目があるからです。しかし、1日に3回食事をして言葉で多くのコミュニケーションをとることになった人間は口を開けることが多くなり、その構造も進化して、口でも呼吸しやすい構造になってしまいました。
そして現代、多くの子供が口をポカーンと開けて口で呼吸するようになってしまっています。口には食事と発音の機能しかないため、鼻のようなフィルターや加湿の役目がありません。そのせいで、ほこりや雑菌の多い冷たく乾いた空気がそのまま送り込まれるため、気管支や肺がダメージを受け、喘息やアレルギー、風邪やインフルエンザといった病気にかかるきっかけになってしまうのです。
また、口の中が乾燥するので、歯茎が腫れる、歯が着色する、むし歯になりやすくなる、口臭がひどくなるといった悪影響もでてきます。そして、お口で呼吸すると舌を低く位置してしまうため歯並びも悪くなり、顎の下にたるみができ、姿勢も悪くなります。
ですから、治療や薬に頼る前に、まず鼻で呼吸をする習慣を身につけましょう。喘息やアレルギー、風邪も結果です。必ずそこには原因があるはずです。

口呼吸は歯並びにも影響を与えます!

舌の機能は、発音や食事だけでなく、上の顎にくっつくことで、顎を成長させるという大切な役目があります。そして頬や唇の筋肉とのバランスを保ち、歯並びを作り上げることもしているのです。口呼吸をすると舌を低く位置してしまうため上の顎にくっつくことが少なくなり、上の顎の成長が遅くなり、筋肉のバランスも乱れ、結果的に上手く並びきらずに乱れた歯並びになってしまうのです。

口呼吸:空気を吸うための道を作るため、舌を低く位置させてしまいます
鼻呼吸:舌を本来の位置である上顎にくっつけることができます

口呼吸から鼻呼吸へ

呼吸について2鼻には空気中のホコリやウイルスを排除してくれるフィルター機能があります。
また、鼻を通ることで湿った温かい空気になってノドに入るため、風邪や喘息、アレルギーになりにくくなるのです。

鼻は空気清浄と加湿のはたらきをしてくれているのです。
口呼吸の人にとって口は、食べ物の入り口であるとともに、空気中のホコリや菌の入り口でもあります。
つまり、口呼吸によって将来いろいろな病気を引き起こす可能性が高くなるのです。
鼻呼吸にすることで健康な身体を維持しましょう!

2018/06/14

医院情報

医院名グリーンデンタル夫馬【江南市 歯科】
所在地〒483-8143
愛知県江南市小郷町伍大力108
電話番号0587-55-5188
最寄り駅名鉄犬山線・布袋駅徒歩15分
お車でお越しの方名江線沿い、愛知トヨタ江南店から南1本目東側入る50m

診療時間

 
  9:00〜12:00
14:00〜19:30

△ 土曜のみ18:00までの診療受付となります。予約の変更やキャンセルのご連絡はお早めにお願い致します。