DENTAL CLINIC & LABORATORY

全身の健康管理の一歩は、お口の健康から。

グリーンデンタル夫馬

閉塞性睡眠時無呼吸症候群

閉塞性睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

グリーンデンタル夫馬では、連携する医療機関と協力して閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療も行っております。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(Obstructive Sleep Apnea Syndrome:OSAS)とは、睡眠中に呼吸が止まったり、日中の眠気や倦怠感を伴ったりする病気(イビキのひどい状態)のことです。

全人口に占める閉塞性睡眠時無呼吸症候群の患者の割合は、男性で15%、女性で7%と言われており、その8090%は未診断、との報告もあります。睡眠中のことなので、自分では気付かないままの人が多いのです。

実は、閉塞性睡眠時無呼吸症候群は放っておくと非常に危険な病気です。

肥満、糖尿病、高血圧症、うっ血性心不全、脳血管障害、アルコール依存症などを合併する割合が高く、健康な人と比べると、心血管系の合併症の発生リスクは210倍、脳血管障害のリスクは4倍に増加すると報告されており、生活習慣病(メタボリックシンドロームなど)の発生頻度になると9倍に増加するそうです。

また、交通事故の発生頻度とも大きく関わりがあるとわれています。中等度以上の症状の場合、交通事故を起こす頻度は健康な人に比べて7倍も高くなるとの報告があり、とくに重症患者で有意に事故率が高いことが報告されているのです。

まずは、ご自身が睡眠時無呼吸症候群かどうかを診断してもらうことが大切です。

グリーンデンタル夫馬では、睡眠外来を行っている医療機関と連携して診断を行います。治療方法にはCPAP療法やマウスピース療法などがあります。 当院ではマウスピース療法を専門に行っており、日本睡眠歯科学会の認定医である副院長が治療させていただきます。基本的に保険診療で作可能ですが、快適性を向上させた自費診療のマウスピースも取り扱っております。そして、症状が緩和できているかどうかを診るため、必ず治療効果の判定も行うので安心です。

 

また、子どもの閉塞性睡眠時無呼吸症候群も現在問題になっています。睡眠呼吸障害の国際分類(ICSDー3)において、子どもの場合、睡眠検査で1時間あたり1回でも無呼吸や低呼吸の状態(イビキがこの可能性があります)があれば睡眠時無呼吸症候群であると定められているほど、成人よりも厳しい判断になります。

なぜなのか?それは、子どもの成長において一番大事な時が寝ている時間だからです。睡眠時の深い睡眠の時に成長ホルモンが多く分泌され、体が徐々に成長していきます。睡眠時に無呼吸の状態があると深い睡眠になれず、成長ホルモンが十分に分泌できなくなるのです。

さらに小児初期の頃は特に脳や神経、頭部の成長のピークがあります。その時期に睡眠時無呼吸症候群があると、脳の成長や頭の成長に大きく影響するのです。数々の論文で、睡眠時無呼吸症候群の学力・集中力などへの影響が報告され、発達障害との関連、そして歯ならび(不正咬合)との関連も指摘されています。

グリーンデンタル夫馬では、近隣の小児科や耳鼻咽喉科と連携し、小児の睡眠時無呼吸症候群の治療にも取り組んでいます。扁桃腺が大きい、アレルギーで鼻が詰まりやすい、イビキをかく、うつ伏せ寝が多いなどの症状がある方は要注意です。

そして、それらの症状がある子どもさんの多くが歯ならびが悪いことが多いです。現在、子どもさんの4人に3人が歯ならびに問題を感じると言われておりますが、実はその原因が睡眠時無呼吸症候群である可能性があり、歯ならびが悪いのはその結果である可能性が高いのです。歯科矯正治療終了時に後戻り(また歯がガタガタに戻ること)が起きるのは、この原因の除去ができていないからだとも言われています。

グリーンデンタル夫馬では、ただ歯ならびを治すだけでは子どもさんの健康に寄与できないと感じ、小児科や耳鼻咽喉科と連携して歯ならびの治療にあたっています。成人の場合は睡眠時無呼吸症候群の根本治療は難しいのが現状ですが、小児期であれば歯ならびを治しながら睡眠時無呼吸症候群の根本治療ができると世界の睡眠医学の権威がその可能性に期待しています。

ご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。

2020/11/29

医院情報

医院名グリーンデンタル夫馬【江南市 歯科】
所在地〒483-8143
愛知県江南市小郷町伍大力108
電話番号0587-55-5188
最寄り駅名鉄犬山線・布袋駅徒歩15分
お車でお越しの方名江線沿い、愛知トヨタ江南店から南1本目東側入る50m

診療時間

  9:00〜12:00
14:00〜19:30

△ 土曜のみ18:00までの診療受付となります。予約の変更やキャンセルのご連絡はお早めにお願い致します。
新型コロナウィルス感染症の感染拡大を受けて、木曜診療を休診とすることといたしました。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。